メニューをスキップしてタイトルへ



寡婦年金

国民年金の受給申請

2019年10月3日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2019年10月3日、一部を修正しました。

寡婦年金

国民年金の加入者が亡くなったときに支給されます。申請が必要です。

受給対象
死亡者の妻。ただし、60歳から65歳に達する日まで。
受給条件
死亡者の保険料納付済期間や免除期間の合計が10年以上あること。かつ、夫の死亡当時に生計を維持されており、婚姻期間が死亡時までに10年以上あったこと。
必要書類等
死亡者の年金手帳、印鑑、戸籍謄本、世帯全員の住民票、受給対象者の預貯金通帳など

詳しくは窓口までお問い合せください。

担当窓口

このページの先頭へ

「国保・国民年金」のトップへ