ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 企業誘致特設サイト > ワークスペース情報 > インキュベーションセンター河原田本町 > インキュベーションセンター河原田本町の運営をスタートしました(2022年11月1日満室になりました)

本文

インキュベーションセンター河原田本町の運営をスタートしました(2022年11月1日満室になりました)

記事ID:0035727 更新日:2022年6月30日更新 印刷ページ表示

インキュベーションセンター河原田本町について

佐渡市では、ベンチャー企業のスタートアップを支援することを目的に、この度「インキュベーションセンター河原田本町」をオープンすることとなりました。
本センターは、佐渡の中でも商業地域の中心部となっている佐和田地区に位置し、商店街にある空き家となった古民家をインキュベーションセンターとしてリノベーションしたものです。
回廊式の風情のある古民家でありながら、天井には新潟県内で初となる青空照明「misola」を導入するなど、ベンチャー起業家の心に刺さる施設として再生をしました。
更には、フリースペースを活用し、隣接する高等学校の生徒がIT技術を学べる場所を提供するなど、人材育成にも取り組むとともに、地元企業や商店街とも連携し、若者が集う空間づくりなど、商店街の再生にも取り組みます。

 

misola

(回廊の天井に設置された青空照明misola)

所在地

 新潟県佐渡市河原田本町202番地

センター概要

〇事務所5部屋(10帖1部屋、8帖2部屋、6帖2部屋)
〇Wi-Fi環境完備
※各事務所にデスク等の事務用品は備え付けていません。入居者側で準備いただきます。

センター付帯設備

〇共用(会議)スペース
〇共用給湯室、トイレ
〇駐車場

貸付料金

月額18,000円~50,000円(光熱水費、共益費含む。)
※佐渡市が主催するビジネスコンテスト入賞者は、入居後1年間貸付料の1/2を減額します。
※退去時の原状回復に係る経費は各自負担となります。

入居期間

原則3年間
※必要と認められた場合は、最長2年間の延長更新が可能です。
※退去時には、原状回復をお願いいたします。

利用条件

〇高度な技術を有し、新たな事業活動を準備している者又は使用開始の時点で法人登記後10年を経過していない者
〇本センターを退去後、原則として本市に事業所を置いて事業活動ができる者
〇雇用の増大、地域産業への波及等産業の振興に資すると思われる者
〇過去に本センターに入居したことがない者
〇市の施策に関連した事業を推進する者

入居者の決定

所定の申請様式に必要書類を添えて、地域振興部移住交流推進課へ提出してください。
※様式は佐渡市ホームページからダウンロードできます。

提出された申請書により書類審査を行い、創業・企業誘致支援団体NEXT佐渡の意見を徴した上、入居の可否について決定します。

提出書類

下記「佐渡市インキュベーションセンター運営実施要綱」をご確認の上、提出をお願いいたします。
佐渡市インキュベーションセンター運営実施要綱 [PDFファイル/717KB]
様式第1号_インキュベーションセンター使用申請書 [Wordファイル/39KB]
様式第2号_事業計画書 [Wordファイル/46KB]

提出先

〒952-1292 新潟県佐渡市千種232番地
佐渡市地域振興部移住交流推進課

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)