ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

佐渡市指定 有形文化財:平城遺跡出土品

記事ID:0005092 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

佐渡市指定 有形文化財

平城遺跡出土品(ひらじょういせきしゅつどひん)

平城遺跡出土品の画像

指定種別(員数) 考古資料(1括)
指定年月日 平成16年3月1日
所在地 佐渡市赤泊
所有者または管理者 佐渡市、赤泊郷土資料館管理

この出土品(佐渡市蔵)は明治40年(1907)〜昭和16年(1941)頃に赤泊地区赤泊の平城遺跡から検出されたもので、その内容は縄文中期から後期を中心に古代・中世に及ぶ土器・石器・須恵器・土師器・陶磁器の完形及び破片類となっている。

平城遺跡は赤泊小学校から裏手の台地一帯に拡がる遺跡で、その規模は赤泊港を東南にのぞみ、荒町川と中の川に区切られた東西200メートルの海岸段丘上にあって、中位段丘(標高40メートル)と低位段丘(標高20メートル)の南北およそ400メートルに及ぶとされる。