ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新潟県指定 記念物:真野古墳群

記事ID:0005186 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

新潟県指定 記念物

真野古墳群(まのこふんぐん)

真野古墳群の画像

指定種別(員数) 史跡(10基)
指定年月日 昭和47年3月28日
所在地 佐渡市背合、大須、大小
所有者または管理者 個人蔵

真野地区背合・大須・大小地内、真野湾の長浜から西三川の海岸段丘上に点在している。これらの古墳はいずれも横穴式石室の円墳で、遺跡年代は7世紀未〜8世紀初頭頃と推定されている。

近年の調査により、古墳の近くに製塩遺跡があることや古墳の中に製塩土器が敷かれていることが確認されたため、これらの古墳は製塩に従事していた一団の墳墓であったと考えられている。

古墳群は真野湾沿いに集中する佐渡の古墳の典型であり、佐渡の古墳研究において重要な史跡群である。