佐渡の文化財

新潟県指定 有形文化財
木造もくぞう二十八部衆にじゅうはちぶしゅうおよ雷神像らいじんぞう

(左から)雷神(雲形台座)、摩睺羅王-蛇面、東方天(推定)

登録種別(員数)彫刻(29躯)(補作、残欠各一躯を含む)
登録年月日平成31年3月22日
所在地佐渡市新穂瓜生屋492番地(新穂歴史民俗資料館)
所有者または管理者宗教法人 清水寺
詳細木造二十八部衆及び雷神像(PDF・約1.6メガバイト)

清水寺の本尊である千手観音立像の眷属として、観音堂の左右脇壇に祀られた像で、平安後期に遡る作。

二十八部衆のうち1躯は足と台座のみを遺すが、雷神(風神像は欠)を含めて計29躯(多くは像高約60〜70㎝)が現存する。

本像は、京都蓮華王院本堂の風神・雷神合わせた30躯(国宝)に先立つ最古の、数少ない一具像の違例として、歴史的な意義は極めて大きい。

本像は、蓮華王院像とは図像の系譜を異にしており、平安後期における当地域の歴史的特性、文化を考える上で貴重な作例である。

ページ先頭へ