佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
蓮如れんにょ上人しょうにんひつ六字ろくじ名号みょうごう

指定種別(員数)書跡(1幅)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市莚場
所有者または管理者本龍寺

この軸の書は縦79㎝、幅31㎝で、「南無阿弥陀仏」の名号が墨書してある。筆者は本願寺中興の祖である、蓮如上人と伝わる。

赤泊地区莚場の本龍寺の寺伝によると、浄土真宗の僧善性は文政元年(1466)に門徒とともに佐渡を訪れ、赤泊の莚場に真言宗の道場を創設したという。その道場が現在の本龍寺の起源であり、以来同寺の門徒は仏道に励み、聖徳太子をよく信仰したと伝わる。

当時の社会情勢や、蓮如上人の本願寺門徒集団の活動を考える上で重要な意味を持つ、貴重な資料である。

ページ先頭へ