メニューをスキップしてタイトルへ



認知症支援

認知症支援

2019年3月28日、掲載


「認知症支援」についてお知らせします

ものわすれあんしん相談

ものわすれの心配事や対処方法などについて、医療・介護などの支援につながるように、専門の職員がご相談にのります。無料。佐渡総合病院と羽茂病院で毎月各1回、開催。

平成31年度の開催場所・スケジュールについては、チラシ「高齢福祉課からのお知らせ(4月〜9月)」(PDF・約270キロバイト)をご覧ください。

注釈

ほのぼのカフェ

お茶を飲みながら気軽に相談や情報交換をし、認知症について理解を深めることができる場です。参加費1回100〜200円。市内5か所で毎月各1回、開催。

平成31年度の開催場所・スケジュールについては、チラシ「高齢福祉課からのお知らせ(4月〜9月)」(PDF・約270キロバイト)をご覧ください。

認知症サポーター養成出前講座

認知症についての理解と知識を深め、認知症の方やそのご家族を温かく見守る応援者(認知症サポーター)を養成する講座です。受講者にはオレンジリングをお渡しします。

詳しくは、チラシ「認知症サポーター養成出前講座のお知らせ」(PDF・約230キロバイト)をご覧ください。

佐渡市 認知症ケアパス

「佐渡市 認知症ケアパス」は、認知症の方を支える小冊子です。認知症になっても安心して住み慣れた地域で暮らすために、「いつ、どこで、何をするか」といった対応の流れなどをまとめて掲載しています。下記リンク先からダウンロードしてご覧ください。

認知症初期集中支援チーム

複数の専門職が、認知症が疑われる人や認知症の人とその家族を訪問し、聴きとりや家族支援などの初期支援を集中的に行い、自立生活をサポートします。

注釈
  • この場合の「初期」とは、「認知症の発症後の初期」または「認知症を発症していてもこれまで医療や介護との接触がなかった人などへの関わりの初期」を指します。
  • 「認知症初期集中支援チーム」については、佐渡中央地域包括支援センターへお問合せください。(電話:0259-63-3790)

担当窓口

このページの先頭へ

「介護保険・高齢者福祉」のトップへ