ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 市長室 > 市長室 > 市長の動静 > 市長公務日誌 > 市長公務日誌(令和3年11月)

本文

市長公務日誌(令和3年11月)

記事ID:0032244 更新日:2021年11月24日更新 印刷ページ表示

ローカルSDGsシンポジウム「佐渡島SDGs・地域循環共生圏の実現に向けて」

20211121_ローカルSDGsシンポジウム

令和3年11月21日 日曜日

GIAHSの認定から10年目を迎えた佐渡市では、「歴史と文化が薫り 人と自然が共生できる持続可能な島」を基本理念に掲げ、この地域循環共生圏を目指したまちづくりに、多くの市民や関係者の方々から参画いただき、取り組みを進めていきたいと考えております。このシンポジウムは、世界の最新の動向を踏まえながら、佐渡市総合戦略アドバイザーや学識者・専門家から貴重なご講演をいただき、「地域循環共生圏(ローカルSDGsともいう)」を具現化する方法について検討するとともに、佐渡島SDGs・地域循環共生圏づくりへの実践の啓発や理解を醸成する場として開催しました。

今後、「生物多様性」、「低炭素」、「持続可能」、「循環型社会」、この4つの柱を軸に、佐渡が日本のモデルとなるようにしていきたいと考えています。

※「地域循環共生圏」とは・・・地域の資源を最大限活用しながら、自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補いし支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方

※「持続可能な開発目標(SDGs)」とは・・・近年、複雑化する経済・社会・環境などの課題解決に向け、国連にて全会一致で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」であり、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指すこととされているもの

佐渡市成人式

20211120_成人式

令和3年11月20日 土曜日

ようやく令和2年度、令和3年度に成人を迎えた皆さんをお祝いする式を挙行することができました。令和2年度に成人を迎えた皆さんには、新型コロナウイルス感染症の拡大により1年お待たせしてしまいました。我々としても”延期”という決断は断腸の思いでしたが、皆さんの輝いた姿を拝見することができたこと、そして「佐渡が好きだ」、「佐渡で働きたい」と思う方がたくさんいたことが、本当に嬉しく思いました。

この成人式は、皆さん自身の節目となる大切なイベントであり、友人との久しぶりの再会に心を弾ませたことと思います。またそれと同時に、大人の世界へ飛び込むことに不安と期待で入り混じったような気持ちだと思います。これからの人生は、社会の一員としての自覚を持ち、自身の言動には常に「責任感」が付きまといます。皆さん一人一人が目の前の出来事に「どう感じ」、「どう考え」、「どう行動するか」ということが非常に大切です。チャレンジ精神を忘れることなく大きく羽ばたいてください。

皆さん一人一人の「これから」に幸多からんことを切に願います。

離島振興に関する要望活動

20211117_離島振興に関する要望活動

令和3年11月17日 水曜日

全国離島振興協議会として、離島振興に関する要望活動を行いました。

これは、離島における諸問題を解決すべく、また、離島振興の推進のために、国への要望をはじめとした様々な活動を行っています。

※佐渡市長は、全国離島振興協議会の副会長を務めています

世界文化遺産登録に向けた要望活動

20211115_世界遺産要望活動

20211115_世界遺産要望活動

令和3年11月15日 月曜日

佐渡金銀山の世界遺産登録実現に向けて、花角県知事と国・県・市の世界遺産登録推進議員連盟の皆さんと共に、末松文部科学大臣と都倉文化庁長官へ要望書を提出してまいりました。

新潟市での講演会

20211112_新潟市職員向けの講演会

令和3年11月12日 金曜日

今後の佐渡金銀山世界遺産登録を見据え、観光地としての魅力づくりや地域活性化などを目指し、新潟市との連携を強化するための一環として、新潟市職員の方を対象に講演をさせて頂きました。この機会を設けてくださった中原市長、大変ありがとうございました。

この講演会では、佐渡市の現状とこれまでの取組などをご説明するとともに、佐渡金銀山の歴史や文化、その価値について知っていただきました。今後、この素晴らしい素材をいかに活用し、佐渡と周辺地域への展開に繋げていくかお互いに議論をさせていただければと考えています。


市長プロフィール
施政方針・所信表明
市長交際費