メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

第1回 エクサ丼 アイデア・コンテストの応募作品(丼物のレシピ)を募集します

募集期限は2015年8月31日

2015年6月12日、掲載

高齢福祉課 高齢福祉係(0259-63-3790)

佐渡市では昨年度からEXADONとエクサ丼の活動を展開しています。エクサ丼とは、認知症予防に効果的とされる食材をひとつのどんぶりの中に詰め合わせた健康メニュー。楽しみながら脳にやさしい食生活のヒントを身につけるためのレシピです。

注釈
EXADON(エクサドン)
「エクササイズ」「佐渡」「ドン(太鼓の音)」をあわせた造語です。太鼓を使ってこころと身体の健康づくりを進める活動を指します。

今年度は、エクサ丼の新しいレシピを募集するアイデア・コンテストを開催します。佐渡らしいアイデアや、斬新な食材の組み合わせなどで、あなただけのエクサ丼を創ってください。認知症のリスクを下げる食生活に向けて、チャレンジ エクサ丼! 多くの方のご応募をお待ちしています。

概要

応募資格
佐渡市在住の方
テーマ
認知症のリスクを下げると言われている食材や、地場産の食材(地産地消の推進)を使って、ひと目でわかる「どんぶりメニュー」を開発してください。
応募規定
  • 募集作品は1人(1グループ)1レシピとします。また、未発表のオリジナルレシピに限ります。
  • レシピ作成にあたっては、パンフレット「チャレンジ!!エクサ丼(PDF・約950キロバイト)」に記載された基準を守って下さい。
  • 佐渡でとれる食材であれば、コンテスト期間中に収穫できない食材であっても使用できます。

応募方法

応募用紙に必要事項をご記入のうえ、完成品の写真を添えて、郵送、持参または電子メールでご提出ください。詳しくは応募用紙をご覧ください。

募集期間
7月1日(水曜日)〜8月31日(月曜日)(必着)
応募先
〒952-1292 千種232番地 佐渡市役所 高齢福祉課(本庁舎1階)
電話:0259-63-3790
メール:h-korei@city.sado.niigata.jp
注釈
  • 応募書類は返却しません。また応募作品については、主催者が一切の権限を有することとします。
  • 応募用紙に記載された個人情報等は、当該コンテストに関わること以外には使用しません。
  • グループで応募される場合、1チーム3人以内とします。

審査と表彰

書類審査

書類審査によりコンテスト作品(5作品程度)を選定します。審査結果は、9月下旬までに、審査を通過した方へお知らせします。

審査員:佐渡市 高齢福祉課、佐渡保健所長、佐渡市健康推進協議会、汐彩クリニック 森本貴子先生

最終審査:10月4日(日曜日)、トキのむら元気館

書類審査を通過した方にお集まりいただき、トキのむら元気館で実際に調理していただきます。

審査員:佐渡市長、佐渡保健所長、認知症サポート医 森本芳典先生、鼓童文化財団たたこう館 十河伸一先生、佐渡市健康推進協議会

注釈
  • 応募作品の調理にあたり、検便が必要となります。(手続きについては別途ご案内します。また費用は主催者が負担します)
  • 使用する食材は、基本的に審査員と主催者が用意します。こだわりの材料等がある場合は、応募者側で用意してください。

表彰:11月3日(火曜日)、トキのむら元気館

11月3日に開催される佐渡市認知症フォーラムで表彰するとともに、試食会を開催する予定です。優秀作品は市報やホームページで広くPRします。


関連ページ

このページの先頭へ

「2015年4〜6月の新着情報」へ