みんなの取り組み

学校・保育園給食の取組み

米、牛乳の地場産使用量割合はほぼ100%です。また、認証米を使った米粉パンを導入しています。

そのほかの取組み内容

  • 地場産物使用量調査の実施
  • おたよりや給食だよりをとおし、地場産の旬の食材の紹介
  • 家庭科や総合学習・食育の時間に、さど食育人材講師バンクを利用し「さどごはん」の中から料理教室を開催
  • 学校給食メニューに「さどごはん」から郷土料理を取り入れ実施。
  • 関係機関と佐渡産品利用促進に向け意見交換会を行い、お互いの現状を確認。

直売所を活用した地産地消の推進

近年、活発化している各地域の直売所の現状と消費者動向を分析することで、消費者ニーズに合った計画生産が可能となるような仕組みの構築を目指します。

取り組み内容

  • 野菜に関するアンケート調査の実施(生産者と消費者)
  • 生産体制及び生産・販売計画の策定
  • 普及指導員による技術指導を行い、品質向上を図る。

地産地消フェスタ

佐渡市の地産地消推進計画の基本方針に位置づけられた年1回のイベントとして平成22年度からスタートし、毎年開催されています。

生産者と消費者の交流と啓発の場として、地産地消運動の推進とさらなる拡大を図ります。


地産地消フェスタ


地産地消フェスタ

このページの先頭へ



佐渡市 農業政策課 販売流通係(佐渡市地産地消推進会議) 電話:0259-63-5117